失敗しない!DTM用定番ヘッドホンおすすめはどれ?

失敗しない!DTM用定番ヘッドホンおすすめはどれ?

この記事では、DTM 目的モニター用ヘッドホンを探している方向けに、プロも使用しているおすすめの定番ヘッドホンをご紹介します。

ヘッドホン選びどうすれば失敗しない?

一口にヘッドホンと言っても、安価なものから高価なものまで種類が多く選ぶのが大変ですよね。

そんなヘッドホン選びで失敗しないために大事なのが、世界中の有名アーティストが使用する信頼性の高い「定番ヘッドホン」を選ぶことです。

定番ヘッドホン

多くのスタジオで使用されていることから耐久性・音質共に信頼性が高く、また楽曲の仕上がりを確認するモニターヘッドホンのスタンダードとなっています。

DTMにおいて定番ヘッドホンは必須と言えるでしょう。

おすすめの定番ヘッドホン

多くの人気アーティストが使用する定番のヘッドホンをご紹介します。定番ヘッドホンといえば、Sony の赤帯と青帯の二つが真っ先に浮かびます。

MDR-CD900ST / Sony

MDR CD900ST

定番中の定番のモニターヘッドホン、通称「赤帯」。日本のレコーディングスタジオでは置かれていないところがないくらい有名なヘッドホンです。

このヘッドホンが定番となる理由として、その性能の高さが挙げられます。

低音域から高音域まで非常にバランスが良く、イコライジングやミキシング、マスタリングの段階においてかなり重宝します。

イヤーパッドやケーブルなど、パーツについてもお取り寄せ可能で、故障しても自分で修理できるのが強み。

MDR-7506 / Sony

MDR 7506

こちらも定番中の定番で、通称「青帯」。

海外のレコーディングスタジオでは CD900ST よりも 7506 が使用されていることが多いようです。

価格は CD900ST よりも安価で、CD900ST との違いはコンパクトに折りたたみ可能なところ。

さらに低音の出音が良くカールコードでコードが伸びるため、それが海外人気の理由なのではないでしょうか。

再生周波数帯域については CD900ST が 5~30,000 Hz で、7506 が 10~20,000 Hz なので、CD900ST のほうが高スペックと言えるでしょう。

人気のモニターヘッドホン

より良い自分に合ったヘッドホンを探しているという方は、以下のヘッドホンについてもオススメです!

K240 Studio / AKG

K 240

こちらのモニターヘッドホンも海外のレコーディングスタジオでよく愛用されています。

AKG のヘッドホンは音のヌケの良さが特徴。全音域まんべんなく聴こえ、モニタリングには最適。

変な癖のないクリアな音質が人気の理由でしょう。

HPH-MT8 / YAMAHA

HPH-MT8

楽器メーカーである YAMAHA が培ってきたノウハウを凝縮したモニターヘッドホン。

忠実に原音を再現することを徹底して作られたヘッドホンで、プロが使うモニターヘッドホンとして非常に優秀です。

まとめ

いかがでしたか?今回は DTM をする方向けに、定番のモニターヘッドホンをご紹介しました。

モニター用ヘッドホン選びに大事なのは、高価なヘッドホンを選ぶのではなく、業界のスタンダードとなっているヘッドホンを選ぶことです。

ぜひ本記事を参考にヘッドホンを選んでみてください。

ヘッドホンを購入する時は安くて安全なサウンドハウスがオススメ!↓

サウンドハウス