ギターアンプの音響を再現する無料キャビネットシミュレーター「NadIR」

ギターアンプの音響を再現する無料キャビネットシミュレーター「NadIR」

Ignite Amps で無料配布されているキャビネットシミュレーターVSTプラグインの「NadIR」をご紹介します。

ギタートラックは、アンプシミュレーターの他にキャビネットシミュレーターを使用することで、マイクで録音されたよりリアルなギターサウンドを再現することが可能です。

NadIR の特徴

NadIR は2つまで IR データが読み込み可能なキャビネットシミュレーター。

HIGH PASS LOW PASS などのパラメータで音響を調整することも可能で、シンプルなインターフェイスで使用しやすいのが特徴。

NadIR の使い方

NadIR をダウンロード

以下のサイトから NadIR をダウンロードします。

IR データのダウンロード

IR データとは NadIR で読み込む音響データのこと。

今回は RedWire無料配布されている高音質なマーシャルアンプ Marshall 1960A の IR データを使用します。

メールアドレスと名前を入力すると送られてくる認証コードを、サイトで入力するとダウンロードできます。

アンプシミュレーターを立ち上げる

DAW にてギタートラックに好きなアンプシミュレーターをインサートします。今回は Poulin のフリーアンプシミュレータープラグイン「HyBrit」を使用します。

NadIR を立ち上げる

ギタートラックに NadIR をインサートしますが、基本的にキャビネットシミュレーターはアンプシミュレーターの後に掛かるように挿入します。

NadIR で IR データを読み込む

RedWire でダウンロードしたファイルのBIGBox フォルダ内には、様々なマイクで収録した IR データが含まれています。

今回は Neumann U87 で収録された IR データを読み込みます。サンプリング周波数は自身のDAW環境に合ったものを使用してください。

パス:Red Wire Impulses\BIGBox\44.1 KHz-24bit\Marshall1960A-G12Ms\Neumann U87\Marshall1960A-G12Ms-U87-ConeEdge-1in.wav

NadIR のパラメータを調整

NadIR では、HIGH PASS、LOW PASS、DELAYなどのパラメータで音響効果を調整することが可能です。

2つまでの IR データを読み込むことができ、BALANCE パラメータによってそれぞれの音量バランスを調節します。

完成

これでアンプ(Marshall 1960A)を マイク(Neumann U87)で録音したときの音響を再現した状態になりました。

まとめ

キャビネットシミュレーターを使用すればよりリアルなギタートラックを構築することが可能です。

無料配布されているプラグインでも十分に良いサウンドを作ることができるので、ぜひ試してみてください。