究極のローファイサウンドを作るフリープラグインiZotope「Vinyl」

究極のローファイサウンドを作るフリープラグインiZotope「Vinyl」

昔のレコードのようなヴィンテージサウンドを再現する iZotope の「Vinyl」が無料配布されています。

音を劣化させるだけではなく、ノイズレコードの傷スクラッチ等も再現可能な非常に多機能なVSTプラグインです。

iZotope Vinyl の特徴

Vinyl を使えば音を劣化させ昔のレコードのような質感を再現することができます。

調整可能なパラメータも多く、オートメーションを適用してエフェクト的に使用するのにも向いています。

レコードを再現する多くの機能

Vinyl には、レコードの音の劣化や傷等を再現するための多くの機能が搭載されています。

MECHANICAL NOISE

ターンテーブルがガサガサと回る音や、モーター音を付与します。

WEAR

何度も再生されたレコードの摩耗を再現します。

高周波数が減少し、独特の歪みが発生します。

ELECTRICAL NOISE

プリアンプ等の電気的なノイズの音を付与します。

DUST

レコードの上のほこりによる音質の変化を再現します。

Amount でほこりの量、フェーダーで音量を調節します。

SCRATCH

レコードの傷によるプツッと音が飛ぶ質感を再現します。

Amount で傷の数、フェーダーで音量を調節します。

WARP DEPTH

レコードの反り具合を調整します。

値を大きくすることで音程が上下に揺れます。

YEAR

再現する蓄音機の年代を指定します。

RPM

レコードが回転する速度を設定します。

SCRATCH による音飛びや、WARP DEPTH による音程の上下の頻度が変化します。

まとめ

iZotope の Vinyl は、無料なのが信じられないほど非常に多機能

楽曲の静かになる場面でレコードのノイズを鳴らしたり、音源として使用するのもアリ。使い勝手の良いプラグインです。