フリーのヴィンテージ系鍵盤楽器、70年代のキーボードをサンプリング「Keys of the 70s」

フリーのヴィンテージ系鍵盤楽器、70年代のキーボードをサンプリング「Keys of the 70s」

Lostin 70s audio の 70年代のキーボード音源を収録した、無料ウェーブシンセサイザープラグイン「Keys of the 70s」をご紹介します

詳細はこちら:https://lostin70s.com/plugins/KeysOfThe70s

Keys of the 70s の特徴

Keys of the 70s は、多くのピアノ、エレクトリック・ピアノ、ビブラフォンなどの鍵盤楽器のサンプリングを含むウェーブシンセサイザーです。

サンプリングデータは独自のファイル形式として rks ファイルを使用。

オーディオ系フレームワークである Juce を使用して新たに開発されています。

トレモロ

音を揺らすトレモロ機能を搭載。

Stereo ボタンでステレオ化、Trem Speed でトレモロのスピード、Trem Amp でトレモロの強さを調節することが可能です。

コーラス

音を多重化しゴージャスにするコーラス機能を搭載。

Streng で強さを、Speed で多重化するスピードを調節できます。

リバーブ

音に残響を加えるリバーブ機能を搭載。

Reflection Fact で初期反射の強さを、Reverb Tail で残響音を、 Room Size で部屋の広さを、Reverb Mix で Dry / Wet の調節が可能です。

イコライザー

Low、Mid、High、のそれぞれの音域を調節できるイコライザーを搭載。

ドライブ

音を歪ませるドライブ機能を搭載。

Drive Gain でドライブの効き具合を調整します。

ドライブの種類は、4つのキャビネットから選択することが可能。

エンベロープ

時間による音量の変化を設定できるエンベロープ機能を搭載。

Attack(立ち上がり時間)、Decay(持続までの減衰時間)、Sustain(持続時間)、Release(減衰時間)で調節できます。

まとめ

Keys of the 70s は、70年代特有のローファイな鍵盤サウンドを奏でられる無料プラグイン。

気になった方は以下のリンクからぜひダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

詳細はこちら:https://lostin70s.com/plugins/KeysOfThe70s