フリーのmoog系シンセ「nanoog」が64bitに対応してバージョンアップ!

フリーのmoog系シンセ「nanoog」が64bitに対応してバージョンアップ!

シンプルなGUIのmoog系シンセ「nanoog」の64bitに対応した新バージョンが公開されました。

nanoogの特徴

namoogは2基のオシレーターが搭載されたmoog系のシンセサイザー。独特の太いリードやベースが特徴的で、EDMなどのエレクトロニック・ミュージックにはピッタリです。

音作りが簡単

moog系シンセはパラメータがたくさんあり初心者にとってはとっつきにくいものが多いですが、nanoogは必要最低限のパラメータのみで構成されているため音作りが簡単です。

新バージョンでは31種類のプリセットが用意されているので、すぐに楽曲に使用できます。

フレンジャー、コーラス/ディレイが搭載

nanoogのロゴをクリックするとフランジャー、コーラス/ディレイ画面が出現。エフェクトのパラメータを調整することで更に音作りの幅が広がります。

まとめ

64bitに対応し最新のDAWでも使用可能になった「nanoog」、ぜひこの機会に使用してみてはいかがでしょうか。

詳細はこちら:http://mu-station.chillout.jp/