無料の定番リバーブプラグイン「OldSkoolVerb」

無料の定番リバーブプラグイン「OldSkoolVerb」

OldSkoolVerb」は、Voxengoが無料配布するアルゴリズム型の定番リバーブプラグイン。

プレートリバーブやルームリバーブ、ホールリバーブなどパラメーターによって様々なリバーブを再現することができます。

詳細はこちら:https://www.voxengo.com/product/oldskoolverb/

OldSkoolVerbの特徴

OldSkoolVerbは空間を再現するタイプのリバーブプラグインで、ボーカルやピアノ、パッドサウンドなどのアタック感の少ない楽器へリバーブを掛けるのに適しています。

初期プリセットの数は18種類と豊富に用意されているため、パラメータ調整が苦手な方でも使用しやすいです。

OldSkoolVerbの使い方

Reverb Params、Reverb Damping、Reverb EQ、Out Gainの4つのモジュールが用意されており、それらを調整してリバーブを掛けます。

Reverb Params

Pre-Delay

楽器からリスナーまでの距離を模倣するプリディレイ(初期反射)を設定します。

Space

部屋の広さを設定します。小さい値だとプレートリバーブ、大きい値だとホールリバーブのような広々としたリバーブサウンドを再現します。

Time

リバーブが減衰する時間を設定します。リバーブの音量が60dB下がる時間をミリ秒単位で設定できます。

Width

部屋の横幅を設定します。大きくすればするほどリバーブのステレオ感が増します。

Mode

リバーブアルゴリズムのパラメーターを調整します。プリセットとしてDEFAULT、PLUS、DEEP、REVERSE、OLD、SLAPBACKの6つの設定が用意されています。

Reverb Damping

Damp Lo

リバーブが減衰する際の低音域のコーナー周波数を設定します。

Damp Hi

リバーブが減衰する際の高音域のコーナー周波数を設定します。

Reverb EQ

リバーブ成分に3-bandのイコライザーを掛けることが可能です。

OutGain

Reverb

リバーブ自体の音量を設定します。

Dry

リバーブを掛ける前の原音の音量を設定します。

まとめ

OldSkoolVerbは初期プリセットも多く用意されている便利なリバーブプラグイン。リバーブの音質も昔ながらの定番スタイルのリバーブといった感じで、楽曲に取り入れやすいです。

無料配布されているので、ぜひ詳細をチェックしてみてはいかがでしょうか。

詳細はこちら:https://www.voxengo.com/product/oldskoolverb/