無料チップチューン音源「SANA 8BIT VST」

アーケードゲームやゲームボーイ、ファミコンなどのピコピコとした音楽を指すのがチップチューン

そんなチップチューン用のフリーVSTプラグインSANA 8BIT VST」をご紹介します。

詳細はこちら:https://github.com/m-masaki72/SANA_8BIT_VST/releases

SANA 8BIT VSTの特徴

元サイトで動画を視聴: YouTube.

SANA 8BIT VSTは、ファミコンやゲームボーイのようなピコピコ音源が使用できる無料VSTプラグインです。そのクオリティは無料にもかかわらず高品質!ぜひとも所持しておきたい音源です。

音作りが簡単

オシレーターのタイプから好きな波形を選び、パラメータを設定するだけの簡単操作で音作りができます。

ファミコンを再現した波形が用意されているため、ファミコン音源が好きな人にとって嬉しいところ。

波形を自由に描ける

波形メモリを自由に描くことができる波形メモリ音源機能が搭載されているので、自由に好きなサウンドを作ることが可能です。

波形にはADSRエンベロープを適用できるため、アタック感を出したり余韻を長くしてみたり自由度が高いです。

各パラメータの使い方

OSCILLATOR

音源の元となる波形を作り出す部分です。

Volume

音全体の音量を設定します。

Attack

音がなり始めてから最高音量になるまでの時間を設定します。

Decay

Attackで最高音量に達してから音が減衰するまでの時間を設定します。

Sustain

Decayでどれくらい音量が減衰するかを設定します。

Release

音が鳴り終わってから(鍵盤を離してから)音が完全に消えるまでの時間を設定します。

WAVEFORM MEMORY

OSCILATORのTYPEをWaveform Memoryにした場合、ここに波形を描画することで自由な音作りが可能。

PITCH SWEEP

音程を上昇、下降させることができます。Speedで音程が上昇、下降する速さを設定します。

VIBRATO

音程を周期的に揺らすことができます。Depthで音程が揺れる幅を、Speedで揺れる速さを、Attackで揺れが最大になるまでの時間を設定します。

VOICING

鍵盤を2つ以上同時に押したときの反応を設定します。

Type

  • POLY
    2つ以上の音が和音として同時に鳴ります。
  • MONO
    最後に押した音のみ鳴ります。
  • PORTAMENT
    最後に押した音へ徐々に音程を変えながら移ります。

まとめ

チップチューン好きにはたまらない無料VSTプラグイン「SANA 8BIT VST」を紹介しました。

SANA 8BIT VSTを使えばクオリティの高いチップチューン楽曲が制作できます。

無料ダウンロードは以下のリンクから!

詳細はこちら:https://github.com/m-masaki72/SANA_8BIT_VST/releases