音作りが簡単!スフィア型フリーシンセサイザー「SyndtSphere」

音作りが簡単!スフィア型フリーシンセサイザー「SyndtSphere」

Klevgrandの「SyndtSphere」は、初心者でも扱えるユニークな音色選びが特徴のシンセサイザーです。

フリーのVST/AUの他にもiOS版もあり、こちらは 1.99 ドルで販売されています。

SyndtSphere の特徴

SyndtSphereは、シンプルなインターフェイスで初心者にも扱えるユニークな音色選びが特徴。

シンプルですが用意されている音色は非常に高音質。豊富な音色で様々な楽曲に使用可能です。

スフィア型シンセ

SyndtShpere ではサーフィンをするかのように自由に球体を回すことで、豊富にあるプリセットから音色を選びます。

プリセットとプリセットの間を選ぶとそれらが混ざった音色になるため、音作りの自由度も予想以上に高いです。

70種類以上のプリセット

70種類を超えるプリセットが用意されているため、その分様々な音色を作ることが可能です。

PLAIN LEAD や ECHO BELL、CHORALE PAD などプリセット名もわかりやすく、音色を混ぜずにそのまま使用しても良い音が鳴ります。

多彩なエフェクト

LEGATO機能をオンにすればリードサウンドなどをグライドさせることも可能です。

さらにFB、MIX、TIMEのパラメータが調整可能なディレイを搭載しています。

まとめ

SyndtSphere は、ユニークなインターフェイスですが非常に簡単で、シンセサイザーに慣れていない初心者にも扱いやすいのが良いところ。

「Got it now」をクリックし、名前とメールアドレスを登録することで無料ダウンロード可能です。