【無料】最新型シンセサイザー「Vital」がすごい!!

【無料】最新型シンセサイザー「Vital」がすごい!!

これが本当に無料?と思うほど非常に強力で多機能なシンセサイザー「Vital」が登場!

Basic 、Plus 、Pro 、Subscribe の4つのプランがありますが、無料の Basic 版でも十分に高クオリティな音作りが行なえます。

Vital の特徴

Vital は、シンセサイザーエンジニアの Matt Tytel が制作した、新作のスペクトラル・ワーピング・ウェーブ・テーブルシンセサイザー

詳細はこちら:https://vital.audio/

ワーピング機能

ワーピング機能を使うことでウェーブテーブルの倍音に作用し、元々用意された単純なウェーブテーブルから音色を大幅に変更することが可能です。

フィルター

2基のフィルターを搭載し、それぞれフィルターを通すオシレーターやサブを選択することが可能です。

フィルタータイプも多く用意されています。

エンベロープ

3基のエンベロープを搭載。

DELAY、ATTACK、HOLD、DECAY、SUSTAIN、RELEASE の6つのパラメータを調整しエンベロープを作成します。

波形が視覚化されているので非常にわかりやすいです。

オシレーター

4基の LFO を搭載。

マウスでドラッグ&ドロップするだけで簡単に LFO と他のパラメータを紐付けることができます。

プランによる違い

Basic 版

Basic 版では 75 プリセットと、25 ウェーブテーブルが用意されています。

これだけ用意されていると、無料版でも十分に音作りが可能です。

Plus 版

250 プリセットと、 70 ウェーブテーブルが用意されています。

Pro 版

400 以上のプリセットと、150 ウェーブテーブルが用意されています。

テキストから波形を生成する text-to-wavetable 機能に制限がありません。
※ 無料版でも一日5回まで使用可能?

まとめ

最新型のウェーブテーブル系シンセサイザーが無料で使えるのは非常に嬉しいところ。

無料版はウェーブテーブル数が 25 と少なく感じますが、ワーピング機能によって無限に音作りが楽しめます!

Windows / Mac 共に 64 bit のみ対応のようです。

以下のリンクからダウンロード可能です。

詳細はこちら:https://vital.audio/