【無料配布!】Waves新登場のディエッサープラグイン「Sibilance」

【無料配布!】Waves新登場のディエッサープラグイン「Sibilance」

2018年ブラックフライデーを記念して新登場したプラグイン「Sibilance」。

こちらのVSTプラグインは、ボーカルの耳に痛い音域を削ってくれるディエッサープラグイン。この高品質なディエッサーを無料配布してくれたWaves社に感謝!

Sibilanceの特徴

アナライザー

サ行などのボーカルの耳に痛い帯域を表示してくれるアナライザーがついていて、検出された波形は黄色く表示されます。どこの帯域が削られているのか視覚的にもわかりやすいです。

モニター機能

右上にあるMonitorボタンをオンにすると、ディエッサーが掛かっている帯域だけが再生されます。ディエッサーの掛かり具合が簡単に確認できる便利な機能!

Sibilanceの入手方法

Wavesの公式サイトからメールアドレスを入力すると、メールにてSibilanceのシリアルナンバーが送られてきます。

後はWaves Centralからアクティベート&ダウンロード。

詳細はこちら:https://www.waves.com/lpn/black-friday-2018/free-plugin

Sibilanceの使い方

SibilanceにはDETECTIONTHRESHOLDRANGEMODEの4つのパラメータがあります。

DETECTION

ディエッサーの掛かる範囲を設定します(低い値にすると”S”、高い値にすると”F”、”J”、”T”なども検出します)。

THRESHOLD

ディエッサーが掛かり始める音量を設定します。

RANGE

ディエッサーによってどれくらい音を減衰させるかを設定します。

MODE

WIDEは全体的にディエッサーを掛け、SPLITは高シェルフフィルタとして高音域だけにディエッサーを掛けます。

まとめ

ここまで高品質なディエッサープラグインが無料で手に入るなんてありがたいですよね。

もしディエッサープラグインをまだ持っていないという方はダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

詳細はこちら:https://www.waves.com/lpn/black-friday-2018/free-plugin