プリセット豊富の定番フリーシンセサイザー「TAL-NoiseMaker」

プリセット豊富の定番フリーシンセサイザー「TAL-NoiseMaker」

独自のシンセエンジンを搭載したTAL Software の無料VSTプラグイン「TAL-NoiseMaker」をご紹介します。

プリセットが豊富なのもありフリーシンセサイザーの中でも多くのユーザーが使用する、定番とも呼べるシンセサイザープラグインです。

TAL-NoiseMaker の特徴

TAL-NoiseMaker には「SYNTH1」、「SYNTH2」、「ENVELOPE EDITOR」、「CONTROL」の4つのセクションがあり、それらを使用して音作りをします。

SYNTH1

3基のオシレーター(OSC1OSC2SUB)と音のうねりを作り出すLFOを搭載。

LFOはフィルターやオシレーターなど適用箇所を設定することが可能です。

波形には、OSC1 は「Saw、Pulse、Noise」、OSC2は 「Saw、Pulse、Triangle、Sine、Noise」が選択可能です。

MASTER の VOISES を変更することでモノフォリック(単音)/ポリフォニック(和音)を切り替えることも可能です。

SYNTH2

FILTER ADSR を搭載。それぞれオシレーターで発振した音にフィルタやADSRを掛けることが可能。

SYNTH1 セクションと同様に LFO を搭載。

ENVELOPE EDITOR

ポイントが自由に追加可能なエンベロープエディター。

Osc1、Osc2 を選択すると曲線に合わせてピッチが変化します。

Volume を選択すれば音量を変化させることも可能。

CONTROL

ノートのベロシティに合わせて音量等を変化させる VELOCITY や、

ピッチベンドホイールによってカットオフや音程を変化させる PITCH WHEEL を搭載。

リバーブコーラスハイパスフィルターデチューンなど様々なエフェクターも使用することが可能です。

まとめ

多機能で自由かつ簡単に音作りができる定番のフリーシンセサイザープラグイン。

プリセットも豊富で初心者の方にもオススメです。