電話回線用チップを元に制作されたフリーのコンプレッサー「CompExp」

電話回線用チップを元に制作されたフリーのコンプレッサー「CompExp」

フリーで提供されているコンプレッサー/エキスパンダープラグイン、HoRNet の「CompExp」をご紹介します。

詳細はこちら:https://www.hornetplugins.com/plugins/hornet-compexp/

CompExp の特徴

CompExp は、多くの電子機器で使用されている 電話回線用のコンパンダーチップを元に制作されています。

電話回線では誰かが話しているときに増幅され、無音のときには減少するようになっていますが、CompExp はその電話回線用チップの機能と同様に、ダイナミックレンジの圧縮と伸張を行います。

Amount

音を圧縮/伸張する量を調整します。

圧縮が行われるしきい値は、内部的に -18dBFS に設定されており、入力がしきい値を下回っている場合はゲインが増加し、上回っている場合は減少します。

エキスパンダーモードにしている場合は上記と逆の動作となります。

Attack

入力がしきい値を超えてから CompExp が効き始めるまでのアタックタイムをミリ秒単位で調整します。

Release

CompExp が効き始めてから減衰するまでのリリースタイムをミリ秒単位で調整します。

Mode

コンプレッサーモードエキスパンダーモードを切り替えます。コンプレッサーモードはしきい値を超えたときに音を圧縮し、エキスパンダーモードはしきい値を下回ったときに音を伸張します。

Bypass

バイパスをオンにすることで、CompExp の機能を一時的にオフにすることが可能です。

まとめ

ボーカルやドラムトラックなど、どのトラックにでも使えるオールインワンなコンプレッサー/エキスパンダープラグイン。音にパンチ力を持たせたいときに役立ちます。

ダウンロード方法は少々面倒ですが、Twitter 又は Facebook で共有した後に、HoRNet へダウンロードしたい旨をメールで送信することで可能なようです。

気になる方は以下のリンクをチェック!

詳細はこちら:https://www.hornetplugins.com/plugins/hornet-compexp/